41xBUmmI1YL.jpg


MacBookのタッチパッド(トラックパッド)をテンキー化するためのガジェット、Numsを紹介したことがありますが、それと同じようなことを標準搭載したノートパソコンが登場しましたね。
AsusのZenBook 13と14に搭載されています。型番はZenBook 13(UX333FA)と14(UX433FN)です。
タッチパッド上のスイッチを押すことで、テンキーのオンオフができます。テンキーがオンの状態でも、移動する指の動きを検知して、移動なのか入力なのかを使い分けてくれます。エクセルでテンキーを使って入力している最中に、離れた場所にタッチパッドでカーソルを移動することができたりするわけですね。

MacBookのNumsの場合、物理的なシートなので常時数字が見えていますが、ZenBookは表示式なので使わないときは見た目も通常のタッチパッドになるところがナイスです。光り具合も未来的でトキメキます。

613Up0e5psL._SL1500_.jpg

AirPowerの発売中止が発表されました。開発自体がストップするということのようです。
なんという、全くトキメキの無い話じゃないですか!アップル純正でシンプルかつクリーンなデザインで発表されるものと思っていた人も多いはず。需要自体は十分にあると思います。
ただ、どこでも置けて十分なパフォーマンスで充電をするマットを開発するというのは予想以上に難しかったということでしょう。類似品はたくさん登場しているので、ワイヤレス充電自体はマット状にできるはずです。ここからさらに上の何を目指していたのかはアップルから公式の発表がないので分かりません。

ただ置いておけば充電されるという「だけ」の機能に高いお金を出す人は多くないはずという読みがあったのかもしれませんね。デザインで勝負しようにも、アップルとしての特徴を出すのは簡単なことではないのかも。(どこまでいってもマットでしかないし…)
そんなわけで、どうしてもという人は代替品でしばらく(そしてかなり長い時間、あるいは、ずっと)やっていくしかなさそうです。

21N-5ZhSoeL.jpg

新生活を始めるにあたって、収納を便利にしたいですよね。整理された収納を成功させるコツは、どこに何があるかをはっきりさせて、それを続けること。整理整頓の基本中の基本ですが、これがなかなか難しいんです。

そんな時、ラベルライターがあればかなりの確率できれいな部屋をキープできるようになるんですよね。どこに何をしまえばいいのかが一目瞭然で、考える必要がないというのが理想的です。

でも、あちこちにラベルがペタペタ貼ってあるっていうのも見た目をそこねてしまう可能性があるので、きれいな部屋とは相容れなかったりして難しいところです。

そこで登場するのが、カシオの『NAME LAND i-ma(ネームランド イーマ)KL-SP10』というわけですね。クラフト風のテープを使って、オシャレなフォントを選べば、生活感のないステキなラベルを作ることができます。「i-ma」(イーマ)という名前になっている通り、気づいたときにスマホからサッと印刷できるのもナイスです。一般的なラベルライターのように、本体に付いている小さいキーをちまちま打って…というのとは違い、スマホから直観的に操作することができます。

いろんなフォントが選べるだけでなく、たくさんの絵文字にも対応しているので、一目見て何を収納すればいいのか分かるようなラベルを作ることも可能です。新しいスタートにな今の時期こそ、簡単確実にきれいな部屋をキープするための準備をしていきましょう。



61FVE179hRL._SL1200_.jpg

マイボトルや水筒を持ち歩く人が増えましたよね。4月からの新生活でマイボトルデビューなんていう人もいるかもしれません。毎日使うために、毎日洗うわけですが、円筒形の容器の隅を洗うのって実はなかなか難しい…
長いブラシを奥まで入れてクルクル回しても、角が洗えてないんです。

そんな時、ブラシのついた小さなボールをボトルの中に入れてフリフリすれば、隅に付いた汚れまで掻き出してくれるじゃない!というのが、Fozzilsの「スクラバーズ」。台所の見えるところに置いててもオシャレですし、すぐに乾かすことができて衛生的。値段も手ごろなので、マイボトルと合わせて準備しておくと活躍してくれるはずです。

d12900-321-719169-4.jpg

シャープから発売されたプラズマクラスター扇風機「ハイポジション・リビングファン PJ-J3DG」は、蝶の羽を参考にして、効率よく風を送ることができるようにした扇風機です。これまでの「ハイブリッド・ネイチャーウイング」から「トリプルネイチャーウイング」に進化。蝶の羽にある筋を参考にした突起で、消費電力はそのままに、風量アップに成功。

もう一つのポイントは、プラズマクラスターを搭載していることで、衣類の乾燥に使えば、臭いの発生を抑えるなどの効果が期待できます。ムラのない風で冷えを予防できるだけでなく、衣類の乾燥にも力を発揮する万能さにトキメキです。

花粉症で外には干せない場合や、これから梅雨の時期に部屋干しが増えることを見越して導入すれば、夏までずっと活躍しますし、衣類用としては年中使えるので、コスパもなかなかなんじゃないでしょうか。